ナノ物性コース概要

 20世紀後半から環境バイオ,ナノテク分野などが急速に発展し,確固とした基礎知識をもち,かつ関連分野に進出できる人材の育成が求められています。 特にナノテク分野においては,原子・分子レベルの物質構造制御に加え,ナノ領域の電子やスピンのおりなす量子効果,ナノ構造を利用した物性のエネルギー応用に関する研究開発が産業界でも求められています。 さらに単一の分子を用いた分子デバイスの開発も加速されています。 またバイオ分野においても,DNA等の生体関連分子の機能を単一分子あるいは電子レベルで解明する研究が開始されており,高度な物理的・物理化学的手法が不可欠です。 このように物性物理学,物性化学,デバイス物性など従来の学問を基礎としつつも,その枠組みを超える分野が急速に発展・拡大しつつある状況にあります。 本コースでは,これらの発展を担える専門学力,広い視野・柔軟な価値観,さらに国際的活動力を持った力強い人材を育成することを目標としています。 また、外国人研究者などによるコース共通の国際・融合領域特別講義,海外大学での研究経験を国際研究実習として単位化するなどによって国際性を育むことにも力を入れています。