カリキュラム概要

ナノ構造物性化学領域

ナノ構造を持つナノ細孔体、構造不規則系であるイオン液体、超臨界流体の新規物性を示すものの探求を行うとともに、 その構造、物性評価のための方法も実験、理論両面から開発し、X線散乱、X線吸収、走査型トンネル顕微鏡などの 手法を用いる教育研究を行う。 また、他の領域との境界領域に関する実践的技術・知識を修得することによって国際的に幅広い知識と視野を持った高度技術者・研究者を育成する。

ナノ分子物性工学領域

分子集合体の次元制御ナノ構造を人工的に構築し、時間・空間スケ−ルに依存した表面・界面ナノ物性や電子-格子相互作用、協力現象を電子論的に研究する。 さらに、協力現象を反映した有機デバイスから分子ナノ構造の量子機能を利用した分子デバイスに至る物性研究を実施し、新しい高機能デバイス開拓への展開を図る。 有機薄膜に対応する高分解能光電子分光など様々な表面研究手法、光電子 顕微鏡、極低温UHV-STMのほか、 多彩な電子・電気物性実験法を利用した創造的 研究を展開する教育研究を行う。 また、他の領域との境界領域に関する実践的 技術・知識を修得することによって国際的に幅広い知識と視野を持った高度技術者・研究者を育成する。

ナノ量子物性科学領域

カーボンナノチューブや疑一次元伝導体などのようなナノ構造デバイスを創製 する共に、 その量子物性についての物性探査も実施し、 物理的な基礎解析を基にした実験・理論両面のアプローチによるナノスケール量子物性の研究教育を推進する。 そして、低温磁気伝導、超短パルス光学特性、走査プローブ顕微法 などの手法を駆使する、 ナノ量子物性の探査・究明・構築を図る教育研究を行い、 他の領域との境界領域に関する実践的技術・知識を修得することによって 国際的に幅広い知識と視野を持った高度技術者・研究者を育成する。

開講科目

博士前期(修士課程)

量子物性化学特論I&II,ナノ物理化学特論I&II,分子ナノ物理工学特論I&II ,表面ナノ物性特論,ナノ構造光物性特論,ナノ光物性科学特論,分子マニピュレーション工学特論,分子機能デバイス工学特論,半導体ナノデバイス工学特論, 量子輸送物性特論,量子多体物理学特論,ナノ磁性材料学特論,量子輸送科学特論,量子計算物理学特論, 量子波物理工学特論,ナノ空間科学特論,ナノ創造物性工学特論I&II ,生命認知科学特論,ナノシステム科学特別講義T, 国際・融合領域特別講義T,国際研究実習T,ナノイメージング特論*,ナノエレクトロニクス数値解析入門*, 先進デバイス特論*,半導体量子物性*,ナノ電子デバイス物理入門*,極限表面科学特論*,複雑系凝縮ダイナミクス*, 先端機能高分子*,非線形光学入門*,写真のメディア論*,ベンチャービジネス論,ベンチャービジネスマネージメント, 技術者倫理,人社系特別講義,特別演習T,特別研究T

*印は英語による授業