研究分野

詳しい研究内容に関しては教職員一覧をご覧ください。

ナノ構造物性化学領域

城田准教授,小西准教授,森田准教授, 二木助教
主な研究活動概要 »
本研究領域では、ナノ構造を持つナノ細孔体や表面、構造不規則系であるイオン液体、超臨界流体の新規物性を示す物質の探求を行っています。 これらの複雑系物質の構造、物性、ダイナミクスについて、実験、理論両面から開発したX線散乱、X線吸収、走査型トンネル顕微鏡、 フェムト秒非線形分光といった手法で研究を展開しています。

フェムト秒光カー効果分光装置

イオン液体のダイナミクスと時間スケール
キーワード »
量子化学、X線吸収スペクトル、X線光電子スペクトル、電子エネルギー損失微細構造、量子電気力学、イオン液体、超臨界流体、炭素材料、ナノ粒子、溶液・液体、高分子溶液、ゆらぎ構造、分子ダイナミクス、小角X線散乱、X線回折、熱物性測定、フェムト秒レーザー分光

ナノ分子物性工学領域

石井教授,坂本教授,吉田教授,奥平准教授, 山田准教授,
主な研究活動概要 »
次世代産業基盤として、有機分子材料を利用した有機エレクトロニクスデバイスへの展開が期待されています。 有機分子で作るデバイスを旨く動作させるためには、ナノスケールの極めて小さな世界で起こる様々な物理現象を理解する必要があります。 分子デバイスの機能性の源となる物質中の”電子の動き”や”光との相互作用”はどのようになっているか?どのように観測することができるか?など、 将来の新デバイス構築のための基礎的研究として、光電子分光法や変位電流評価法などを用いる実験班と物性理論班の共同研究により有機薄膜の電子物性に関する学理を追求します。
キーワード »
有機半導体デバイス、有機EL素子、有機トランジスター、有機太陽電池、高分子薄膜、超薄膜、表面界面、変位電流評価法、光電子収量分光、光電子分光、電子放射顕微鏡、走査トンネル顕微鏡、X線吸収分光、電子線回折、電子線透化、コインシデンス分光、シンクロトロン放射光、分子配向、散乱理論、多体問題、強相関電子系、グリーン関数、第一原理計算、自己エネルギー

ナノ量子物性領域

尾松教授, Krueger教授,山本准教授,青木准教授,大須賀准教授, 松末講師,坂東助教
主な研究活動概要
半導体量子細線や量子ドット、カーボンナノチューブ等の量子ナノ構造試料やデバイスを作製し、低温磁気伝導の量子輸送現象(電気伝導特性)の基礎特性評価と素子応用について、 実験家・理論家がコラボレートしながら研究を行っています。さらに、高機能・超高速な光デバイスの実現を目指し、化合物半導体の結晶成長や微細加工を用いて作製した量子ナノ構造において、 光と電子、スピン、フォノンとの新しい相互作用を探索し,光非線形性や光制御機能に応用する研究を行っています。


キーワード »
量子ナノ構造、カーボンナノチューブ、輸送現象(電気伝導特性)、超伝導、半導体光物性、超高速光非線形デバイス、スピン物性、光・電子・フォノン相互作用、結晶成長、微細加工、数値計算、理論計算