カリキュラム

専門教育に入る前に、基礎となる教育を行います。1年時では、数学・物理・化学などの工学基礎、2年次では、統計力学、量子力学、応用物理学などの 専門基礎を重点的に学び、専門教育への基礎学力と展望が得られるように配慮しています。3年次からは、光学的視点から、ナノメートルサイズで現れる様々な現象の 物性物理・物理化学・デバイス物性、分子スケールでの表面・界面の電子・光物性を学び、専門学力を身につけます。4年次では、先端科学研究の体験を通して 応用力を強化します。
卒業後は、さらに高度な能力を養うために、大学院へ進学できます。また教員採用試験の資格を得ることができます。
就職先は、ナノテク分野が関連する電機・通信・情報産業、精密機械産業、化学・印刷産業、有機・バイオ関連分野などの多様な方面が可能です。