»担当授業
  • 量子輸送科学特論(院融ナノ)
  • 量子波物理工学特論(院融ナノ)
  • 量子力学入門(電機・ナノ)
  • 量子力学演習(電機・ナノ)
  • 物性物理科学U(ナノ)
»連絡先
  • 所在:自然科学総合研究棟2号館102
  • E-mail:
    ochiai
  • URL:
    http://www.em.eng.chiba-u.jp/~lab22/
»現在の専門
  • ナノ量子物性科学
  • 量子伝導

落合 勇一
融合科学研究科・ナノ物性コース・教授
(工学部ナノサイエンス学科兼坦)

研究内容
“量子ナノ構造における伝導現象解明と素子応用”パソコンの半導体ICの中にある小さなトランジスターを、 更にナノスケールまで小さくしたときに観測される量子伝導現象の解明と素子応用の基礎研究を行っております。現在は、半導体だけではなくカーボンナノ チューブや炭素原子60個がサッカーボール状に真ん丸になったC60分子などを用いて、ナノ構造(量子細線や量子ドット)のトランジスタを作って、 低温電気伝導や走査ゲート法などにより量子伝導を観測し、量子コンピュータの素子になるような新しいトランジスタ応用を目指して研究を進めています。
キーワード
半導体量子細線、カーボンナノチューブ、C60ナノカーボンデバイス、走査ゲート顕微法
主な業績
Probing the Microscopic Structure of Bound States in Quantum Point Contacts, Physical Review Letters, Vol.99, p.136805-1-4, 2007.
Enhanced Nonlinear Conductance in Long Quantum Point Contacts near Pinch-Off, Physical Review Letters, Vol.97, p.096801-1-4, 2006.
Electron Spin Polarization in Nanoscale Constrictions, Science, Vol.303, p.1621-1622, 2004.