»担当授業
  • ナノ光物性科学特論(院融ナノ)
  • 物理学DT 熱統計力学入門(ナノ)
  • 物理学演習DT熱統計力学演習(ナノ)
  • 物理学ET量子力学入門(電機)
  • 物理学演習ET量子力学演習(電機)
  • 電子計測(電機)
»連絡先
  • 所在:工学部1号棟222号室
  • E-mail:
    okudaira
  • URL:
    http://ulab-www.tf.chiba-u.jp/
»現在の専門
  • ナノ分子物性工学
  • 物理化学・薄膜物性

奥平 幸司
融合科学研究科・ナノ物性コース・准教授
(工学部ナノサイエンス学科兼坦)

研究内容
“有機薄表面構造および、表面化学反応”
有機分子は、サッカーボールや、平たい円盤のようなさまざまな分子構造をもち、この構造が有機分子に個性を与えていいます。有機分子で構成される有機デバイスの特性は、有機薄膜中で有機分子がどのように並ぶかに大きく依存します。シンクロトロン放射光という特殊な光を使って、有機薄膜の膜構造(特に有機分子の並び方)を決定を試みています。また、放射光を利用して有機分子中の特定の化学結合を切断する選択的光化学反応についても、その反応機構について研究を行っています。
キーワード
有機半導体、シンクロトロン放射光、超薄膜、表面界面、光電子分光、表面化学反応
主な業績
Development of an electron electron ion coincidence analyzer for Auger photoelectron coincidence spectroscopy (APECS) and electron ion coincidence (EICO) spectroscopy, Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena 161 (2007) pp. 164-171
Surface photodegradation of poly(vinylidene fluoride) by inner-shell excitation, Surface Review and Letters 13 (2006), pp. 259-263
Ion desorption induced by F 1s region transitions of poly(tetrafluoroethylene), Surface Science 593 (2005), pp. 297-302
Study of excited states of fluorinated copper phthalocyanine by inner shell excitation, Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena 137-140 (2004) pp. 137-140